女性

相見積もりを取る

引越を業者へ委託する場合は相見積もりをとろう

引っ越し

いざ引越しをする場所が決まってくると、次はどこの引越業者へ頼もうかという悩みがのしかかってきます。 引越し経験が豊富な人は、業者の相場に関して良く理解していると思いますが、大抵の人は知らないことがおおいでしょう。 いわゆる引越業者の繁忙期と呼ばれる時期、3月などはこちらの要望がなかなか通りにくい時期であることは理解しておきましょう。大勢のアルバイトが雇用されほぼ連日スケジュールが詰まっているような状態になりますので、あいている日にこちらがお願いする形になります。 その場合、何を優先すべきなのかを見積もり段階で決めておく良いでしょう。金額に比重を置きたい人は、他の数社と相見積もりをすることは相場を知る上で必要です。

引越し業者の見極め方

なるべく安く安全に引越しをしたいというのが消費者の本音です。 いわゆる大手の引越業者と、中堅、小規模の引越業者との違いは何でしょう。 一般的に大手ほど正社員雇用が多かったり、経験者が多かったり、パッケージプランや、梱包するアイテムが多かったり選択肢が豊富であることが多いようです。その点値段は相場よりも上がる傾向になります。 中堅、小規模の場合は、大手ほど人材確保が出来ていないことも多い点はありますが、値段や小回り、臨機応変な対応が売りな事が多いです。 見積もりをする場合、規模の大きさが異なるところを含めて相見積もりした方が参考になると思います。 繁忙期でなければ、引越し業者の見積もり部署の人も、他社と相見積もりをしていると伝えれば、値下げ交渉に応じてくれる可能性は十分あります。